トリコモナス市販薬

トリコモナス膣炎をメトロニダゾール(フラジール)とチニダゾール(ハイシジン)で治しました。

わたしがトリコモナスの薬を服用した理由は

 

トリコモナスに感染したのは彼氏とのエッチ

 

数か月前に同じ会社で付き合っている彼氏と一緒に過ごしている時に性交渉をしました。

 

余りにも気持ちが良くて仕事でのストレスも忘れることが出来「私たちもそろそろ結婚しちゃう」と冗談で言うほど気持ちが良かったです。

 

ところが数週間がたった時に陰部が痒く刺激感もあったので気になって鏡で状態を見たら、

 

膣の中まで赤く腫れていたので

 

びっくりして病院へ行きました。

 

病院で尿検査や分泌物を医師が顕微鏡を使って調べ、

 

トリコモナス原虫が運動をしていたみたいでトリコモナス膣炎と診断されました。

 

私は彼氏としかエッチの経験はないので驚いてしまい、しばらく何も考えることが出来ませんでした。

 

病院の先生からあなたのパートナーに来てもらうように指示を受けました。

 

電話で話し来てもらいました。

 

すると私の彼氏はほかの人とも性交渉をして、違和感があったので治療中だったことがわかりました。

 

私はがっかりしてしまい何も言う気にもなりませんでした。

 

トリコモナスの薬での治療

 

私は医師の治療を受け膣洗浄を受けた後

 

メトロニダゾール(フラジール膣錠)

 

 

チニダゾール錠(ハイシジン)

 

 

の内服や膣錠の両方を2週間処方を受け服用しました。

 

また私の彼氏も私と同じ期間薬を処方されて服用していました。

 

性感染症なので医師から「当分の間は治療に専念してその後に性交渉をしたかったら必ずコンドームを装着して楽しむように」と言われました

 

治療をしてから3か月目にはほぼ違和感はなくようやく落ちつき一安心しました。

 

私の彼氏も症状はなくなったみたいで一安心していてこれからはコンドームをつけるようにすると言ってくれて安心しました。

 

これからは今まで以上に気を付けていきたいです。

 

もし、トリコモナス膣炎と思ったら、すぐに病院に行くことをおすすめします。

 

トリコモナス膣炎の薬が海外からの個人輸入で購入できる

 

トリコモナス膣炎にかかって、どうしても病院に行けない方には海外から個人輸入でトリコモナスの薬を購入することができます。

 

ファミリーファーマシーグローバルというサイトで、フラジール内服錠、フラジール膣錠、チニダゾール錠を購入することができます。

 

・フラジール内服錠

 

>>フラジール内服錠の購入はこちら

 




 

・フラジール膣錠

 

>>フラジール膣錠の購入はこちら

 




 

・チニダゾール錠

 

>>チニダゾール錠の購入はこちら

 




 

海外からの個人輸入欠点は保険が効かないので、値段が割高なこと、

 

海外からの個人輸入になるので、注文してから到着まで、一週間から10日間ぐらい時間がかかることです。

 

 

もう1社、オオサカ堂というサイトからも、トリコモナス膣炎の薬を購入することができます。

 

ファミリーファーマシーグローバルが日本製の薬を販売しているのに対して、オオサカ堂は海外製の薬を販売しています。

 

オオサカ堂のメリットは値段が割安なことです。

 

オオサカ堂で販売しているトリコモナス膣炎の薬は

 

ファシジン500mg(1箱100錠)・・・内服薬

 

 

>>ファシジンの購入はこちら

 

フラジール500mg(1箱20錠)・・・内服薬

 

 

>>フラジールの購入はこちら

 

メトロニダゾール200mg(1箱21錠)・・・内服薬

 

 

>>メトロニダゾールの購入はこちら